飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム四国」

ヘッドライン

愛媛県西条市 世界初!!とんこつ100%にこだわった泡とんこつラーメン「綿雲ラーメン」がニューオープン。

8093a9c5af767ad2d529e10e333c3aa41.jpg
泡とんこつ味玉入り(790円)
6c1bd01666b9bc89ca001fa40341b45a.jpg
玉子かけご飯チャーシューのせ(350円)赤玉子の追加は無料 
6a71398ae4d0e3b642cae3243bedab3f.jpg
料理を美味しく見せる為の専用ダウンライトや照射角度にもこだわっている

6月18日愛媛県西条市の国道196号線沿いにあった「りょう花壬生川店」が泡とんこつラーメン「綿雲ラーメン」にリニューアルオープンした。四国・中国エリアで展開している「りょう花」といえば鶏塩ラーメンが定番。今回は全て豚にこだわった店になる。

ラーメンの種類は「泡とんこつ」と呼び、特徴は何と言っても「泡」である。9ヶ月もの開発期間を要し、直に消えない、カプチーノのようなキメ細かい泡を作る事に成功した。この「泡」は、スープの温度・濃度・時間・空気の入れ方のバランスが整って、初めて消えにくい泡が完成する。泡ラーメンを提供している店はあるが、豚100%ではなく鶏を配合している店鋪が多い。味がまろやかになり作りやすいそうだが、綿雲ラーメンは豚100%にこだわっている。BRIX(糖度)12度~13度の高濃度豚骨スープは毎日圧力鍋で仕込み、1日寝かして旨味を増幅させている。その結果、泡とのバランスが良い、嫌な臭みがないスープが出来ている。このスープを泡立て、自家製ストレート細麺・豚肩ロースのチャーシュー・半熟卵・メンマ・ネギ・玉ねぎをトッピング。

サイドメニューの餃子もラーメンとのバランスを考え、刻んだ大葉と共にサッパリしたタレを合わせて提供する。デザートには自家製とろとろプリンがあり、スプーンですくうと崩れ落ちそうなぐらいとろとろな状態。甘すぎることなく、カラメルソースの苦味で味を引き締めている。

オープンして間もないが平日200人、休日300人近くが来店している。客層は老若男女問わず、意外にも年配の客層からも好評でリピーターが増えている。客単価は1000円前後になり、今後は季節メニューを増やしていく予定。

今後の展望として片岡氏は「東京で2号店を出店し、3号店は松山で予定しています。常に新しい・今まで無いものを考え続け、色んなジャンルの料理を見て・食べてインプットしています。その経験から今回『泡』という発想に至っており、今後も新しい事にチャレンジしていくつもりです。」

世界初!!であろう豚100%の泡とんこつラーメンがどのような活躍・展開をしていくのか、ぜひ動向に注目したい。

(取材=上野 真弘)

店舗データ

店名 綿雲ラーメン
住所 〒799-1341 愛媛県西条市壬生川1015-1
アクセス (車の場合)東予丹原IC降りてから10分、(電車の場合)予讃線壬生川駅から徒歩25分
電話 0898-64-3625
営業時間 11:00~15:00,17:00~22:00
定休日 火曜日
客単価 1000円
運営会社 株式会社ブシド
関連ページ 綿雲ラーメン

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM ISLAND INC. All Rights Reserved.