飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム四国」

四国のキーマン

「野菜でキレイになる教室」be-vege主宰 / 株式会社STENZ 役員 川村章子氏

 今、香川で人気沸騰中の「野菜でキレイになる教室be-vege(ビーベジ)」の主宰、野菜ソムリエプロの川村章子さん。   
 川村さんは大阪生まれ、以前はキャビンアテンダントとして働き、国際線を中心に世界各国を飛び回っていたが2009年に退職。現在は、香川県で野菜ソムリエプロとして活躍している野菜大好き、ココロとカラダが喜ぶことが大好きな2児の母。野菜ソムリエプロの他に、ベジフルビューティーセルフアドバイザーやジュニアアスリートフードマイスター、メンタルフードマイスターなど、様々な資格を取得。元CAという肩書きを持ちつつも、温厚でフレンドリーなパーソナリティーが人気。東へ西へと忙しい中、フードスタジアム四国のインタビューに応じてくれた。


―キャビンアテンダントから香川の野菜ソムリエに転身したきっかけは?

図2 CAの時は、関西国際空港をベースに国内外を飛び回っていましたが、その頃から食には興味がありました。国際線勤務では、世界各地でいろいろなものを食べましたが、15年ほど前、イタリアでルッコラを食べたとき、「ピリッと辛いこの小さな葉は何だろう」と感動したことを覚えています。また、アジア圏で食べられているカイランという中国野菜や、タイで大量に消費されるパクチーなど、当時の日本ではまだ珍しかった野菜と出合い、その食べ方を知った際に、野菜の奥深さに感銘を受け、野菜に魅了されるようになりました。
今思えば、幼い頃から旬のおいしい野菜を食べていました。大阪の実家では、母が家庭菜園で育てた野菜が食卓に並んでいて、おいしくて感動的な野菜の記憶が、知らず知らずのうちに心に刻まれていたのだと思います。
2000年に結婚してからは、夫の職場がある四国と大阪と滞在先を行き来する生活が続きました。義父の介護や、この仕事と家庭、育児の両立の難しさを感じた頃、体調を崩し、「食べ物で元気を取り戻したい!」と09年に退職して家族や自分のために食の勉強をしようと挑戦したのが、野菜ソムリエでした。

―すごすぎる転身ですね。野菜ソムリエの資格を取ってからの香川での活動は?

図3 野菜ソムリエの資格を取得すると、知人から野菜や料理について尋ねられることが多くなり、もともと、自分と家族のために得た知識だけれど、多くの人の役に立てるのではと思い始めました。
野菜果物の料理教室と食育活動、レシピ提案、野菜ソムリエの資格取得講座も開催しています。料理教室では季節の野菜を一つ主役にしています。まず、その野菜の歴史や栄養価、選び方など豆知識を参加者にお伝えし、4品程度の調理を始めます。レシピはオリジナルで斬新かつ簡単に出来る料理で、家庭ではなかなか思いつかないような調理法を提案しレパートリーを増やしていただきます。
野菜ソムリエの取得講座は、子どもが野菜ソムリエになって、友達や家族に野菜と果物の魅力を伝える「キッズ野菜ソムリエ」の育成プロジェクトです。野菜は我慢して食べるものではありません。良さに気付いて好きになるものです。おいしいから食べたいと思ってもらいたいと思っています。

―「野菜でキレイになる教室be-vege(ビーベジ)」ですがbe-vegeにはどのような思いがあるのでしょうか?

図4 be動詞のbeと、野菜のvegeを組み合わせて、「野菜で何かが動き出す」という意味です。わたしの第2の仕事の‘始動’も意味も含んでいます。
生産者、料理人、生活者の懸け橋になって、家庭や飲食店で、旬の野菜や果物を満喫してもらえるようお手伝いをしたいです。子どもたちが野菜に触れて笑顔になる、そんな機会をもっとつくりたいと思っています。生産者と親しくなると、どういう苦労があって野菜が店頭に並んでいるかを知ることが出来ました。その野菜を調理する料理人にも思いがあります。私にとって、野菜は自分を励ましてくれるもの。だから、新鮮なものを食べたら元気になれると感じています。香川は旬の野菜が身近で作られていて、それを目で見て気軽に買える、恵まれた環境があります。香川の野菜のおいしさを県内外問わず、多くの人に伝えたいと思っています。

―川村さんにとって「イートグッド」とは

図5 食材を、なるべく栄養素や色彩を損なわないように調理することで、見た目にも楽しく、食べておいしく、そして健康になれる料理を提案することです。教室では、体調の悩みなどもよく話題に上がります。体調がすぐれないとき、疲れたときなど「こんなものを食べたらいいよ。」などその時のニーズに合わせてお話しています。
随分前ですが、私自身も、体調を崩した時期があって「食」についての意識が高まりました。その時、「医食同源」という言葉もあるように、野菜や身体に良いものを食べる事によって、体に備わっている自然自癒力が引き出されていくのを感じました。そのような経験を基に、同じような悩みを抱えている人の役に立てれればいいなという思いで活動しています。
また、身体的な不調だけではなく、やる気が起こらない、気分が浮かずに気持ちが前を向かないといった心の不調を抱えた人に対しても、食事指導をすることによって心の疲れを回復させる食事法を提案します。考える脳も食べたものでできていますから。これからも、ご縁のある方々とコミュニケーションを大事にして、食を通じて心身ともに健康を目指していきたいです。

―今後の目標は?

 香川にはおいしい野菜がたくさんありますが、残念ながら野菜の摂取量が全国ワーストレベルという結果が出ています。生産者さんが一生懸命作ってくださった野菜を、たくさんの方が楽しく食べて、身体の中から健康になり、みんなが生き生きと楽しく毎日を過ごせるように、私に何かお手伝いできればと思っています。また、子どもたちが、実際に野菜に触れたり、調理したりすることによって、野菜の魅力を知ってどんどん野菜を好きになり、健やかに成長してくれること、さらには、野菜の魅力を子どもたち自身がいろいろな人に伝えていってくれることも願っています。
そして、野菜ソムリエプロとしては、自分の経験をいろいろなお母さんに伝え、役立ててもらい、食育活動を行っていきたいですね。
さらには、ベジフルビューティーセルフアドバイザーの資格も活かして、お母さんもアンチエイジングを意識し、カラダの中から益々キレイになれるようなレシピの提案やレシピの開発もどんどん進めていきたいです。

―ありがとうございました。

川村さん自身の心配りの行き届いたステキな人柄が周りの人を健康にさせていると思います。また、もう一度お会いしたいな・・・彼女から料理を習ってみたい、食べてみたいな・・・って感じますね。どの講座も人気沸騰らしいのですが、川村さんの料理教室『野菜でキレイになる教室 be-vege』お近くの方は是非、参加してみて下さい!

川村章子氏プロフィール
図1野菜ソムリエプロ
ベジフルビューティーセルフアドバイザー
国際薬膳食育師3級
ジュニアアスリートフードマイスター
メンタルフードマイスター2級
キッズ野菜ソムリエ講師
高松市内で野菜にこだわったレストランのプロデュースをしたり、㈱STENZ内のスペースや出張の野菜料理教室、セミナーなどを開催しています♪料理教室ご希望の方、ご連絡はこちらまで。→090-8690-3222 be-vege@ma.pikara.ne.jp

(取材=薦田 高代)

四国のキーマン 一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM ISLAND INC. All Rights Reserved.