飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム四国」

ヘッドライン

四国で一番小さな上勝町で、スペックがクラフトビールの第二工場をオープン! らしさと新しさを融合した先駆的なビジネスモデルに

映画のワンシーンに出て来そうなオシャレな外観。左にあるのがシンボルタワーの藍色ボトルキルン。
広い敷地を利用し、オープニングパーティが行われた時の様子。国内外から多くの人が駆けつけた。
「モーニングサマー」。華やかな香りの4種のHOPと上勝町特産の柚香(ゆこう)をたっぷりとブレンドしたビール。
ローストした栗の皮の香りをブレンドした「チェスナッツエール」。
オリジナルのバレルエイジドビールを仕込むためのバレル庫には、オシャレな樽が並ぶ。
上勝町で行う挑戦を自らも楽しみながら、面白い試みを企画する代表の田中達也氏。

10月10日、徳島県勝浦郡上勝町のかつては製材所だった建物が「KAMIKATZ STONEWALL HILL craft&science」に生まれ変わった。上勝町の入口に佇む「RISE&WIN Brewing.co BBQ&General store」の第二工場の働きを持つ大型施設だ。オープニングパーティには、200人を超える人たちが国内外から集まった。

上勝町といえば、「ごみゼロの町」として、ゼロ・ウェイストという日本でも初めての取り組みで有名。近い将来、町自体を維持できなくなるほどの過疎という深刻な課題を抱えている。運営しているスペックの代表取締役社長 田中達也氏は、上勝町の「ゼロ・ウェイストを活用し、新たなビジネスモデルを作る」という熱い思いを語ってくれた。「空気が綺麗、自然が美しい、その言葉に当てはまる場所は日本のどこにでも存在する。でも、ゼロ・ウェイストは違う。小さな町の小さな活動かもしれないけれど、地球規模の取り組みを、誰も何も言ってない頃から町内活動として浸透させてきた。それを肌で感じた時に、本物だと確信し、上勝町の魅力をもっと伝えたいと思うようになった」。その思いが形となったものの一つが、「RISE&WIN Brewing.co BBQ&General store」だ。クラフトビールを製造するマイクロブリュワリーとしてスタートし、県外から多くの客がわざわざ訪れるお店としても注目を集めている。製造量自体、自店と東京店のみをまかなえるほどの分量だったため、取り扱いを希望する飲食店やバー、酒問屋などが多い中、断ることを余儀なくされていた。それらの声に応えるために、誕生したのが「KAMIKATZ STONEWALL HILL craft&science」なのだ。第一工場と比較すると、約10倍の量を製造することができるようになる。

一番の大きなコンセプトは、上勝町の活性。山に囲まれ、林業が盛んな土地であったこの町も、現在、林業を営んでいる業者は皆無に等しい。第二工場は、その花形産業でもあった製材所を活用している。過去に基幹産業を担った場所で、新しく産業を生み出すことに意味があると田中氏は考えているのだ。前工場と同じく「TRANSIT GEBWRAL OFFICE INC.」(東京都港区)が、プロデュース&プロジェクトマネジメントを、建築設計は、イギリスの建築集団「Assemble Studio」が担当。2015年にイギリスの現代美術のターナー賞を受賞した実力を持つ「Assemble Studio」の提案で、上勝町の廃材の味わいを活かしたデザインに仕上がった。また、ボトルキルンというイギリスの伝統的な釜を模ったシンボルタワーを設置。藍染を施した藍色カラーが印象的だ。中は、ビールを作る工場とは別に、ビール酵母を培養するラボや囲炉裏のあるテイスティングルームがある。どんなビールを作りたいかを試飲しながら決めるためのスペースとなっている。大谷焼きや藍染、上勝町の山の暮らしに欠かせなかった釜戸など、地元の素材や伝統的な文化を肌で感じてもらったことが、彼らのインスピレーションが閃く根源になった。「上勝の暮らしはもちろん良いけれど、それだけではわざわざ足を運んでもらうことができない。交通の便も悪ければ、ビジネスをするには不利と思われそうな場所を逆手にとって、こんな解釈もあるのか、という上勝らしい新しいものがあることを知ってもらいたい」と田中氏は言う。

また、一樽180Lの木樽を50個ほど収納できるバレル庫を構え、ビールの生産拠点とは別に、国内製造が珍しいバレルエイジドビールを取り扱う。田中氏がアメリカで出会った中で、特に強く印象に残っているビールの一つだ。「樽を廃棄するのではなく、命を吹き込むことが上勝らしい」と樽のリユースを元に考案した。バレル庫にはすでに、国内外から手に入れた10年レベルの樽が並んでいる。今回はネームにこだわらず集めたものがほとんどだが、「あのバーボンが、あのウイスキーが入っていた」といえるような特定銘柄のバレルを手に入れる考えだ。ウイスキーが染み込んだ樽を使用すれば、ウイスキーの良さと交わった深い味わいに変わる。シェリー酒やワイン、テキーラ、ジンなどの樽で作ったら、どんなオリジナルのクラフトビールに仕上がるのか、夢は広がる。今はどんどん仕込んでいる状況で、納得のできる味に仕上げてオーナーを募る狙いだ。

他にも、オープンを記念したビール4種の販売も開始。シナモン・ナツメグ・ジンジャーのスパイスが、麦汁でじっくり煮込んだカボチャの甘味をよりいっそう引き立てる「シーズンオブザウィッチ」、山椒のような香りのHOPとアメリカンモルトのカラメル感に、ローストした栗の皮の香りをブレンドした「チェスナッツエール」、上品な紅茶の香りのHOPとオレンジピールでアクセントを加えた「レイジーアフタヌーン」、華やかな香りの4種のHOPと上勝町特産の柚香(ゆこう)をたっぷりとブレンドした「モーニングサマー」。これらは、期間限定で味わうことができる。

ゼロ・ウェイストを難しく捉えるのではなく、楽しんで活用している思いが随所から伝わってくる。新たな場所でも、オリジナルクラフトビールを通じて、美味しいものができるということをこれからも証明し続けてくれるだろう。上勝町で新たな物語が始まろうとしている。

(取材=山本 菜保(やまもと なお))

店舗データ

店名 KAMIKATZ STONEWALL HILL craft&science
住所 徳島県勝浦郡上勝町大字生実字東戸越84番地1
電話 0886-66-3339
営業時間 要問合せ
定休日 要問合せ
運営会社 株式会社スペック
オープン日 2017年10月10日
関連リンク HP
関連リンク Facebook
関連ページ 同一オーナーのフードスタジアム掲載記事

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM ISLAND INC. All Rights Reserved.